不動産売却にはどれくらいの期間がかかる?

不動産売却にはどれくらいの期間がかかる?

不動産売却を検討している方の中には、売却価格とともにどの程度の期間で売却できるのかが気になっている方も多いかと思います。
不動産売却の方法は大きく仲介と買取の2種類がありますが、多くの方が選択する仲介で売却する場合、不動産売却についての活動を開始してから売却が成立するまでに3~6ヶ月ほどを要するのが一般的です。
不動産売却は、情報収集・査定依頼・媒介契約締結・売却活動開始・内覧受け入れ・条件交渉・売買契約締結・決済・引き渡しといった流れで進んでいきますが、情報収集から不動産会社との売買契約締結までに1~4週間ほどかかります。
そして、売却活動開始から売買契約締結までに1~3ヶ月ほど、売買契約締結から引き渡しまでに1~2ヶ月ほどを要します。
もちろん、需要が高い物件の場合は3ヶ月以内に売れる可能性がありますし、逆に買い手が中々見つからない場合は6ヶ月以上かかる可能性も十分にありますが、基本的に不動産の売却にはある程度の期間がかかると想定しておきましょう。

不動産売却に要する期間を短縮するポイント

不動産売却に要する期間は一般的に3~6ヶ月ほどとされていますが、売却に要する期間を短縮するためにはまず売却したい不動産の適正価格を知ることが重要です。
当然ながら相場よりも高値で売りに出しても買い手が見つかる可能性は低いため、ポータルサイトや国交省のサイトなどを使って相場を調べておきましょう。
長く売り残る可能性がある場合は、早めに価格を下げてしまうのも一つの手です。
不動産は時間経過により価値がどんどん下がっていくため、価格を下げることも視野に入れておきましょう。
また、不動産会社と締結する媒介契約の形態を一般ではなく、専任や専属専任にするのもポイントです。
不動産会社は売買契約が成立した際に発生する仲介手数料で利益を上げているため、複数の不動産会社と契約できる一般媒介契約を選択してしまうと積極的な売却活動が行われない可能性があります。
不動産会社との媒介契約期間は一般的に3ヶ月となっているため、一般媒介契約で中々売れない場合は契約の種類を見直すのがおすすめです。
なお、不動産売却の方法には不動産会社に直接買い取ってもらう買取という方法もあります。
仲介と比べて売却価格は安くなってしまいますが、買い手を探す必要がないためすぐに売却できます。
そのため、売却価格よりも売却までの期間を重視するという場合は、買取も視野に入れておくと良いでしょう。

著者:城野政喜

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
大学卒業後不動産関係の会社に長年勤務。
不動産売却の流れを記事にまとめました。