不動産売却時に不動産会社と締結する媒介契約とは?

不動産売却時に不動産会社と締結する媒介契約とは?

不動産売却の方法は大きく仲介と買取の2種類に分けられますが、仲介を選択した場合は不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。
媒介契約は、不動産会社に買い手を探してもらった上で不動産売却するために必要な契約なのですが、この契約には一般・専任・専属専任の3種類の形態があります。
一般は、同時に複数社と契約できる形態です。
様々な不動産会社に売却活動を行ってもらえるとともに、売主が買い手を探すことも可能です。
一般は売り手にとっても最も自由度が高い形態ですが、複数の業者が介入するため積極的に売却活動してもらえない可能性があります。
専任は、不動産会社一社とのみ契約する形態です。
複数社とは契約できませんが、売主が買い手を見つけた場合は不動産会社の仲介なしで直接契約できます。
また、不動産会社には売却活動の内容を売主に2週間に1回以上報告する義務が課されます。
専属専任は、専任と同じく不動産会社一社とのみ契約する形態です。
専任との違いは、売主が買い手を見つけた場合でも不動産会社を介して契約しなければならない点です。
売主にとっては最も自由度が低い形態ですが、熱心な売却活動が期待できる契約形態となります。
加えて、売却活動の報告も1週間1回以上が義務付けられるため、売却活動の現状を把握しやすいというメリットもあります。

専門会社を利用した不動産売却を行う時の注意点

不動産売却を行う注意点の一つが専門会社の見極めです。
売却を考えている不動産の買い手探しを始めとした営業活動は、依頼した業者に一任することができます。
一任によって面倒な手間を省けるのがメリットの反面、スムーズな売却が実現できるかどうかは、依頼した会社の腕次第です。
実績の乏しい業者に依頼をしてしまうと、買い手が見つかるまでに時間が掛かることもあります。
ホームページなどで過去の契約実績を見極めて、信頼できる会社に依頼しなくてはいけません。
買い手が見つかり双方の同意が得られたら、契約を交わして不動産売却というのが基本の流れです。
買い手との契約にも注意すべき点はいくつかあります。
特に気を付けなくてはいけないのがキャンセルです。
売買契約後に心変わりなどで売却を辞める場合、キャンセル料という形で手付金の支払い義務が発生します。
売り手側の都合によるキャンセルで請求される手付金は通常の約2倍の額です。
契約を交わす前に問題がないことを確かめておく必要があります。

著者:城野政喜

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
大学卒業後不動産関係の会社に長年勤務。
不動産売却の流れを記事にまとめました。