不動産売却を検討中の方必見!売却の流れや不動産会社の選び方などの基本情報を解説

このサイトでは不動産売却の流れや利用する会社の選び方について詳しく書かれているので、これから土地や建物などを売ることを考えている人にピッタリのサイトです。
参考になることが沢山載っているのでこのサイトを見て依頼する会社を決めることができますし、基礎的な知識を身に付けることができる点も大きな魅力です。
何をすれば良いのか見えてくることも多いのでとても参考になりますし、それにより失敗しない会社の選び方が分かるので大変便利です。

不動産売却を検討中の方必見!売却の流れや不動産会社の選び方などの基本情報を解説

不動産売却時には不動産会社と媒介契約を結ぶことになりますが、この契約は一般と専任、専属専任の3種類があるのでどれを選ぶのが良いか分からず迷ってしまうこともあります。
そういった時にこのサイトを見れば基本情報を把握することができるので自分に合った形で契約を結ぶことができますし、スムーズに事を運ぶことも可能になるのでこれほど有難いことはないです。
また不動産売却にかかる凡その期間が分かるので大変役に立ちますし、査定価格の算出方法なども理解することができるので本当に助かります。

不動産売却を検討すべきタイミングとは?

不動産売却を検討すべきタイミングはいくつかありますが、その1つに挙げられるのが築年数の問題です。
一般的に不動産の価値は、経年劣化によりどんどん減少していくのが実情です。
不動産売却は、築浅の物件ほどスピーディーに比較的高く売れる傾向にあり、築20年を超えるとどんどん成約率が下がります。
市場動向を加味した上で、売却しやすいタイミングを見計らうことが大切です。
税金の面からも見極めることが可能です。
住宅の所有期間により、売却で利益が出たときに発生する税金の税率が異なります。
このようなことから、所有期間から判断することも1つの手段と言えるでしょう。
家の所有期間が5年を超えると住民税は5%、所得税は15%ですが、5年以下の場合には住民税が9%、所得税が30%となります。
そしてライフスタイルから考えることもできるでしょう。
子供の成長や家族構成の変化などでライフスタイルにも変化が見られるため、現在の不動産では手狭になったなどの場合には、不動産売却を検討することができます。

不動産売却の方法には仲介と買取の2種類ある

自己所有の不動産売却する方法には、不動産会社が仲介する場合と直接買い取る場合に分けられます。
いずれも不動産を売却する方の所有物件を、第三者に提供し利益をあげるという事には変わりはありません。
しかし、そこで得る利益が仲介手数料なのか、売却益なのかという点で区別されます。
不動産を手放す立場でも業者サイドから見ても、できるだけ高額で売却したいという事には違いはありません。
この取引方法にある大きな違いとは、買取業者であれば売上金額が確定していることです。
一方不動産会社が仲介とした場合であれば、買主しだいで売却金額が異なるのです。
不動産会社が直接購入するのであれば、その価額よりも高く売らなければ会社として損失が出ます。
仲介に入り手数料を得るのならば、利益額が減少してしまうというデメリットが発生します。
このように利益を出す構造が異なるため、買取業者はできるだけ安く買う必要があります。
ただ、短時間で決まった金額を入手できるというメリットもあり、2種類ある不動産売却方法の選択は慎重に行うべきです。

仲介で不動産売却する際の流れとは?

不動産を売却する方法は大きく仲介と買取の2種類がありますが、ここでは多くの方が選択している前者での不動産売却の流れを解説していきます。
仲介での不動産売却は、売却相談・査定依頼・媒介契約締結・売却活動・内覧対応・売買契約締結・決済・引き渡しといった流れで行われます。
売却相談では、依頼候補となる不動産会社に不動産を売却したい旨を相談しますが、事前に金額や期限などの希望条件を決めておくと話をスムーズに進めることが可能です。
相談後は査定を依頼することになりますが、査定額は不動産会社によって異なるため複数の不動産会社に査定を依頼することが大切です。
査定額を比較して依頼する不動産会社を決めたら、媒介契約を締結して売却を依頼します。
媒介契約の際は、売り出し価格や売却が成立した際に不動産会社に支払う報酬、売却活動の方針なども決めます。
媒介契約を締結したら売却活動開始となり、購入希望者が現れたら内覧に対応します。
内覧対応は不動産会社に一任することもできますが、売主が立ち合って案内や説明を行うのが通例です。
内覧で不動産を気に入ってもらえた場合は購入申込書が送られてくるので、不動産会社を介して条件などの調整を行います。
購入希望者と合意できた場合は売買契約締結となり、後は契約の中で定められた日時で決済と引き渡しが行われます。
買い手から代金を受け取るのと当時に物件の引き渡しを行えば、不動産売却は完了です。

買取で不動産売却する際の流れとは?

不動産売却は個人で準備を薄めていくのはとても難しいので、専門の不動産会社に相談しながら不動産売却を行っていくことが大切です。
買取の査定額を教えてもらうなど、情報収集をしっかりと行っていくことも重要になります。
不動産会社の中には、サイトでの物件情報発信ができるなど、物件の買い手が見つかるように情報発信をしっかりと行うことにつながります。
リフォームを行って新しい空間に変えていくなど、入居者が見つかりやすい工夫も大事です。
キッチンを新しく変えることやお風呂場を新しくしたいなど、予算のことを考えていき少しずつ準備を進めていく方もいます。
専門業者に依頼をする際に、担当者が決まっていると、安心して担当者に相談をしながらリフォームを行っていくことができるようになります。
作業中にも気になることを質問しやすいなど、トラブルが起こる心配のないように、信頼できる対応が決め込まなく信頼できる人を見つけることが重要です。
不動産売却前に、その物件がより良い条件で売れるようにするための情報収集に注目することが必要になります。

著者:城野政喜

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
大学卒業後不動産関係の会社に長年勤務。
不動産売却の流れを記事にまとめました。
京都 不動産売却